最新の投稿
病原体

性病のなかには何度も再発を繰り返してしまう病気がありますが、性器ヘルペスも再発を繰り返しやすい病気のひとつだと言うことができます。原因である単純ヘルペスウイルスは治療薬を服用しても身体から完全に排除することができないので、些細なきっかけで再び症状があらわれてしまうことが多いです。ヘルペスを発症した人の8割は1年以内に再発すると言われているほど、再び症状が起こる可能性が高いので、感染しないように予防したり感染したときは再発しないように心がけたりしなければなりません。

性器ヘルペスは抗ウイルス薬を服用することで症状を改善することができますが、完全に症状があらわれない状態にすることは難しいと言われています。治療薬を服用していて症状が改善されたと思って服用を中断すると、免疫力が低下したときやセックスを行った刺激で再び性器ヘルペスを発症してしまうことがあるのです。性器ヘルペスは感染者の症状が出ている部分と接触することで感染してしまう病気であり、目に見える病変部がない場合でも皮膚や粘膜の表面にウイルスが存在していれば接触したときに感染します。1回感染してしまうと何度でも症状を繰り返してしまう可能性が高いので、感染者と性行為を行うときなどはうつってしまうことがないように注意しておかなければならないでしょう。

男性も女性も性器ヘルペスを発症すると感染した部位にヒリヒリとした痛みやむずがゆさを覚えるようになり、時間の経過とともに赤いブツブツや水ぶくれができます。それが破れて潰瘍ができると非常に強い痛みを感じることが多く、特に女性の場合は傷みのせいで排尿できなくなる人も多いと言われているほどです。2回目以降に症状があらわれたときは比較的症状が軽いと言われているのですが、それでも人によっては激しい痛みやむずがゆさのせいで日常生活に支障が出ることもあります。性器ヘルペスが再発してもそれほどひどい症状は起こらないだろうと考えている人もいるかもしれませんが、初回の感染より軽度だとしても大変な思いをすることには変わりないと知っておきましょう。

性病のなかには再発する病気がたくさんありますが、性器ヘルペスは再発しやすい代表的な性病だと言うことができます。治療すればすぐに治すことができると思っていると再発に苦しむことになりかねないので、性器ヘルペスに感染すると症状を繰り返しやすいことを知っておき、予防や再発に努めるようにしてください。